スタジャンに関する情報が満載!

本革製のスタジャンは以前に増してリーズナブルな値段に

数多く世に出回っているスタジャンの中でも、特に大人の雰囲気で男性を魅了するアイテムとして本革製のアイテムがあります。
確かに一般のタイプと比較すればかなり高価であり、またその分普段からの手入れも大変となりますが、その重厚な質感と着れば着るほど味が出てくる特性は、本革製でしか味わう事が出来ない贅沢なのです。
材質の特性上本革製のスタジャンは一般のタイプと比べてカラーバリエーションが少なく、その色合いもダーク系が中心なのですが、鈍い光沢を放つ落ち着いたインプレッションは大人の男性やバイクライダーにも受けが良く、長い間に渡って彼等にも人気のアイテムとなっているのです。
最近ではこれらを販売する多くのアパレル業者が、アメリカやEU各国を始めとした海外のレザー生産業者と提携し、より安いルートでより高品質の原材料を確保する事に成功しています。
それゆえ以前と比べればかなりリーズナブルな値段で購入する事が出来る様になってきているのです。

袖に革が使用されているスタジャン

スタジャンはスタジアムジャンパーを略したものであり、もともとアメリカのエリート大学の野球チームのユニフォームとして作られたことが始まりです。
スポーツ大会で活躍した選手に贈られたこともあったことからアワードジャケットとも呼ばれており、ヴァーシティージャケットとも言われることがあります。
前後の身頃部分にはメルトン素材が使用されているのが一般的であり刺繍やワッペンが付けられ、袖口や裾にはリブが付いています。
袖部分は革が使用されており、牛が一般的ですが鹿や合皮が使用されることもあります。
スタジャンは、このように違った素材を組み合わせて作られていることから手入れはそれぞれの生地に合った方法で行う必要があり、身頃部分はコートなどの衣類用ブラシでホコリをはらいます。
袖部分は、革専用のクリームを塗ることによって乾燥によるひび割れを防ぐことができ、毎年クリーニングを出さなくても生地の手入れ次第では長持ちさせることができます。

Valuable information

大阪で医療レーザー脱毛

2017/10/13 更新

▲トップへ