スタジャンに関する情報が満載!

適度に暖かいスタジャンのインナー重ね着の仕方とは

冬の寒い季節、スタジャンを着ていても寒さを感じるケースは非常に多くなります。
元々スタジャンは生地が厚く防寒にもぴったりなのですが、少々サイズがルーズだと首元や裾下から寒い空気が入り込み易く、寒さを感じる原因となってしまうのです。
そこでこうした寒さや冷えを防ぐ為に、インナーと合わせた重ね着が有効となってきます。
一般的に好まれている重ね着のパターンとして、インナーに薄手のニットとワイシャツを着て合わせるという方法があります。
本場のアメリカではスーツとワイシャツ姿のオーナーがスタジャンを着て野球球団の視察に訪れる事からも分かる様に、きっちりしたワイシャツやニットとの相性は抜群に良いのです。
またニットを直接シャツの上に着るパターンと違って、ワイシャツを一枚かませる事により適度に暖かい状態が持続し、暖か過ぎて汗をかいてしまう心配が無いのも一つのメリットでしょう。
またこれらは細身のシルエットを重視し、スタイリッシュに着こなしたい場合にも有効です。

アウターの中でスタジャンは暖かいか?

寒い季節が続く中で、アウターとして羽織るには実際のところどれが一番暖かいのかを検証すると共に重要性やファッションとしても取り入れたいところでもあります。
アウターとして使えるものはたくさんありますが、Pコート、ダウンジャケット、ダッフルコート、マウンテンパーカー、そしてスタジャンあたりがメインに着られるのではないでしょうか。
デザインや個人が着るファッションセンスによっては合わせるアウターも違ってきますが、どれもしっかりと防寒対策はされているのか疑問です。
ファッションセンスとして選びやすいPコートは女子ウケにも無難なアウターではありますが、防寒となると少し寂しい気もします。
ダッフルやダウンはカジュアルでオシャレにまとめられますが、着こなしによればどこか動きにくさも感じられます。
マウンテンパーカーも少し防寒向きではなく、スタジャンはアウターでもカジュアルで風を通し安いですがインナーさえ注意すれば動きやすく暖かいアウターでは無いでしょうか。

Favorite

太陽光発電の見積もりはこちら

Last update:2017/12/14

▲トップへ